2018年 8月 15日 (水)

人食いクマ出没!秋田でマガリタケとり餌食・・・いきなり数頭に襲われた?

印刷

   東北地方でクマに襲われ死亡する事件が続いている。目撃は東北全体でこれまで1426件と、去年(2015年)のこの時期の1・6倍にもなっている。秋田県鹿角市では5月下旬から5人が襲われて死亡した。遺体が見つかっていない人もいる。いずれもタケノコ採りで山林に入っていた。

   死亡は青森県境に近い半径2キロの範囲に集中している。斎藤寿幸リポーターが出かけてみると、タケノコ採りの車が3台止まっていた。入山禁止、熊注意の標識を無視して大人の身長を超す薮に分け入って、ネマガリダケを採取する。おいしいうえに1キロ2000円で売れるからだ。1日で数万円を稼ぐ人もいるという。

人の味を覚えてしまった母子グマ

   スタジオに体調1メートル40センチのツキノワグマのはく製はくが登場した。「爪に触るだけで痛いです。歯も凄い。クマはまず人の頸動脈を襲って、動きを止めるそうです」(司会の羽鳥慎一)

山に入るな

   宇賀なつみキャスター「見るだけで恐ろしいですね」

   日本ツキノワグマ研究所の米田一彦理事長は「クマは集まってくるので、数頭が人を食べた可能性があります。一度食べると、人を食物と見るようになります。母グマが食べるのを子グマが見て学習している可能性があります。鈴を鳴らしたり、爆竹を鳴らすと寄ってこないと言われますが、人を食物と思っているクマにとっては、エサがあるという合図となって、かえって襲われることになりかねません」

   しかし、齋藤リポーターが取材したタケノコ採りの人たちは、「死者が出たのは秋田(市)の方じゃないの」「ここにクマは出ないから」とのんきなものだ。

   羽鳥「全国で被害が増えています。なによりも山に入らないでください」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中