安住紳一郎アナ涙ぐむ!心酔する古舘伊知郎の前で完コピ「僕たちはみんなあなたの真似をしているだけなんです」
<ぴったんこカン・カンスペシャル>(TBS系)

印刷

   「報道ステーション」を3月に卒業した古舘伊知郎をゲストに迎え、「古舘伊知郎VS安住紳一郎しゃべりまくりの旅」ときた。古舘がバラエティー復帰第1弾になぜこの番組を選んだのかは謎だが、彼を尊敬してやまない安住アナとの丁々発止は最高に面白く、あっという間の2時間だった。
   古舘の生まれ育った東京・北区滝野川あたりを探訪した後、母校の立教大学へ。古館のほか、野際陽子、徳光和夫、みのもんたら数々のアナウンサーを輩出している放送研究会を訪れた。安住アナは学生たちを前に、古館がかつて舞台「トーキングブルース」で見せた「外郎売」の現代版「薬局のドリンク売り」の完コピを再現し、古舘を感動させ、自ら涙ぐむ。「夜のヒットスタジオDELUXE」(フジテレビ)で共演した芳村真理、加賀まりこらと再会し、最後は親友の「THE ALFFE」高見沢俊彦で締めた。
   それにしても、安住アナがここまで古舘に心酔していたとは驚きだ。安住アナが「古館さんの30年前の実況映像を観ても、正直、今とあまり変わらないと思ったけど、それは、今のアナウンサーはみんな古舘の真似をしているから」と分析し、自分も真似していると話す。宮根誠司や羽鳥慎一がゲストの時とはまったく違う『尊敬の眼差し』だ。普段はクールな安住アナの熱い面が見られたのと、なにより古舘がいきいきしていて良かった。(放送2016年6月10日19時56分~)

(白蘭)

採点:2.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中