「ポスト舛添」アンケート 東国原氏ら著名人抑え「1位」の選択肢とは

印刷

   東京都の舛添要一知事が15日(2016年6月)朝までに辞職の意向を固め、都議会議長に辞職願を提出した。新たな都知事を決める選挙は7月14日告示、同31日投開票の日程を軸に調整が行われる見通しという。

   舛添知事は都議会の辞任要求には「応じられない」と、解散をちらつかせる脅しあり、泣きながら子どもを引き合いに出しての泣き落としありで、リオ五輪・リオパラリンピッがク終了する9月までの続投に固執していた。

新知事、リオ五輪へ日程的に「行ける」

   しかし、知事を支えてきた自民党も加わった8会派が一致して15日の本会議で不信任決議案が可決されることが避けられない状況になったことから、自ら辞職する道を選んだ。全会派一致で不信任決議案が可決され辞任した都知事はこれまでになく、都政史上初と言われる汚名を避けたのだろう。辞職願を提出すれば不信任決議案は取り下げられることになる。

   では、舛添知事がこだわったリオ五輪・リオパラリンピック閉会式での次期東京への五輪旗引き渡し式に、新しい都知事は出席できるのか?番組にゲスト出演した時事通信社の田崎史郎・特別解説委員は「出席しようと思えば行ける」という。

   舛添知事は21日付の辞職願を提出するようだが、辞職願が都選挙管理委員会に通知された翌日から50日以内に都知事選が行われる。現在の所7月14日告示、同31日投開票を軸に日程が調整される見通し。

   一方、リオ五輪の日程は開会式8月5日~閉会式8月21日、リオパラリンピックの日程は9月7日~同18日で、新知事はいずれの閉会式も出席可能のようだ。

谷亮子、片山さつき両参院議員の名も

   そこで番組が早くも取り上げたのが『ポスト舛添』。都民18歳以上の男女1000人に緊急アンケートを実施したところ、東国原英夫・前宮崎県知事、柔道の谷亮子・参院議員、舛添知事の元妻、片山さつき参院議員までいた。早すぎたのか、都民はまだ懲りていないのか、単なる知名度だけの人物もいたが、最も票を集め「1位」になった選択肢は「いない」だった。

   作家の深澤真紀もズバリ、「東京都は青島さんに時代から有名人しか選ばなかった。石原さんも人気はあったけど、公私混同は舛添さんと変わりないし石原さんの時代から始まったと言われている。猪瀬さんもああいう形で辞められた。有名人で良いのか冷静に考えないと非常に危険な感じがする」。

   田崎特別解説委員「都知事は人気投票になっていて、その結果失敗を重ねている。人気のある人でなく、この人には都政を託せるというある程度実力のある人を選んだ方が良い。とくに、失敗を重ねてきた自民、公明両党がこの人が良いと言う人は避けた方がいい」。 テレビ出演で知名度を上げた人物は避け、地道で堅実な人、とくに地方行政の経験が豊かな人が良い、ということか。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中