舛添氏の「常人では考えられない思考回路」 「次」に狙うものとは

印刷

   東京都の舛添要一知事が辞職することになった。21日(2016年6月)付の見通しだ。きょう15日(6月)、都議会最終日の本会議で不信任案が可決され、辞職か解散か、選択を迫られる見込みだったが、結局、辞職を選んだ。

   きのう14日の議運委員会は、舛添の辞職をめぐり終日ゴタゴタした。自民党が不信任案を提出し、各会派で1本化したのは15日未明になってからだった。解散になれば、都議選が始まり、直前の参院選にも影響が出るため、自民党から辞職してほしいと説得されていた。だが、舛添は議運委理事会でも「子どものことを思うと今でもやめたいが、リオデジャネイロ五輪と選挙が重なると、都政に混乱を招き東京が笑いものになる」と涙ながらに訴えた。

「今後も政治家として生き延びられるかも」

   ゲストコメンテーターの元三重県知事の北川正恭は「私は午前中に辞表を出す可能性があると期待しています。徹底的に粘って粘って、最後の最後には、すみませんでした、といえば、今後も政治家として生き延びられるかもしれません」と語っていた。

いろいろ意見が

   中央大学教授の佐々木信夫は「(舛添知事は)いまも自分は非がないと思っています。常人では考えられない思考回路なのですから、自分から辞職することはしないと思います。切るなら、切れという気持ちじゃないでしょうか」と見ていた。

   玉川徹(朝日テレビディレクター)「合理的な理由で解散があると見ています。常人では考えられない思考ではなく、常人だからこそのシナリオではないでしょうか」

   司会の羽鳥慎一「いろいろ意見が分かれますね」

   結局、辞職となり、政治資金をめぐる疑惑はまだまだあるが、次の注目は候補者選びだろう。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中