<その「おこだわり」、私にもくれよ!!>(テレビ東京系)
斎藤工「怪しい映画おこだわり男」どこまでが本当か芝居かわからない不思議な展開・・・見ているうちに頭混乱

印刷

   オープニングで「このドキュメンタリーはフィクションです」と出てくるのでフェイクとわかってはいるのだが、本人役で登場する松岡茉優と伊藤沙莉があまりにもナチュラル過ぎて、いったいどこからどこまでが台本に書かれているのかと頭が混乱してくる。

   原作は清野とおるの「その『おこだわり』、俺にもくれよ!!」。昨年(2015年)に放送されて好評だった「山田孝之の東京都北区赤羽」と同じ松江哲明監督、武村武司脚本のドラマだ。

伊藤沙莉なかなか達者だね

   とにかく翻弄されっぱなしの30分だ。松岡茉優の演技が達者なのはわかっていたが、伊藤沙莉も出来る子でびっくり。自由奔放な発言で場の空気を悪くしてしまうが、スタッフや出演者からは好感を持たれるというおいしい役どころということもあるのだが。

   これまでおこだわり人として登場したのは、「ポテサラの男」「帰る男」「梅の男」「ベランダの男」「映画の男」「少女漫画の男」「さく男」「おこだわりのない男」「おこだわりを見つけた女」らだ。「映画の男」では斉藤工が出演し、おこだわりぶりを披露した。松岡と伊藤を自宅(!?)に招き、シアタールームでイチオシの映画を見せる。

   おこだわりはまずリラックスした服装に着替えること。座席位置は利き目(斉藤によると、人には利き腕同様に利き目があるらしい)で選ぶこと。鑑賞のお供はポップコーンではなくボーロ。これを噛まずに唾液でゆっくり溶かす。しかし、2人は映画が始まった途端にうつらうつら。

松岡茉優「おこだわりを見つけた女」モー娘。に加入したい

   「さく男」に登場したのは古澤健監督だ。さけるチーズにおこだわりという設定で、さけるチーズをひたすら細く裂いて、それを顔にあてて感触を楽しんだあと、一気に食べる。

   9話からは松岡茉優が「おこだわりを見つけた女」となり、話は急展開している。松岡のおこだわりはモー娘。に加入することだ。横浜でのライブで完璧なパフォーマンスを披露すれば加入が認められるということで、ダンスの猛練習をする松岡だが・・・。果たしてどうなるか。いよいよあす17日が最終回。最後の最後まで目が離せないドラマ(!?)だ。<金曜深夜0時52分~>

くろうさぎ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中