アメリカ最悪の乱射事件!気になる日本の報道・・・同性愛クラブことさら強調

印刷

   アメリカのオーランドで起きた乱射事件の犠牲者を追悼するイベントが世界各地で行われている。フェイスブックではプロフィール画像をレインボーフラッグに再びできる機能がついた。演劇の祭典トニー賞授賞式で追悼の意が述べられた。ブロードウェイではスター総出演でオーランド追悼曲シングルを今月20日(2016年6月)に配信すると発表している。キャロル・キングやアナ雪のイディナ・メンデル、グロリア・エステファンなど60人以上がバート・バカラックの名曲「世界は愛を求めている」を歌うという。

被害者が色眼鏡で見られる心配

   ただ、事件の報道を見ていると妙な違和感を覚える。現場が特異な場所として日本では報道されているような気がするからだ。同性愛者向けのクラブと新聞・テレビ・ラジオは報道していて、これがことさら被害者たちを色眼鏡で見る意識を向けているような気がしてならない。

   これについては、読売新聞のコラムで現場のクラブはもっとオープンな場所であり、表現の仕方で印象が変わってしまっていると意見が出ていた。単にナイトクラブで何ら間違いはないし (海外メディアの日本語版を見てみると、見出しには「ゲイクラブ」「ゲイ・ナイトクラブ」「ナイトクラブ」などと表記され、記事を読み進めると同性愛者たちが集まるクラブと書かれている)、かといってLGBTのナイトクラブでは、日本の多くの視聴者は「なんのこっちゃ?」と理解がついていかないのも事実だろう。

   事件の真相は容疑者が射殺されたことで謎だけど、容疑者本人もゲイだったことで複雑なLGBTの現状が浮き彫りにはなっている気がする。

イギリス王室、カナダ政府とずいぶんな違い

   オーランド事件の報道で同性愛者という言葉にちょっと敏感になっていたら、またしても出てきた。イギリスのウィリアム王子が「同性愛者向け雑誌の表紙に登場」というニュースだ。王子が宮殿で撮影時に集まった同性愛者らと話をしたと伝えていた。この言い方もどこか『普通ではない人』と話をしたと受け取れなくもない。この雑誌はLGBTカルチャー誌で、過去にもベッカムやガガなど著名人が表紙を飾っている。報道内容ではゲイ雑誌ぐらいに言えばいいじゃん!と思ってしまうのですがね。

   そしてもう一つは、カナダ国歌「オー・カナダ」の歌詞の一部を変更するというニュース。国家の歌詞にある「汝の息子」の部分を性的平等に向けた取り組みとして「我ら全て」にする法案が下院で可決されたという。ここまでやるんだ!とステキなニュースだと思う。

   6月はLGBTへの理解を求める月間としてさまざまなイベントが開催されている。カナダのトロントで開かれるゲイパレード「プライド・パレード」は世界最大級で、イケメンで伊勢志摩サミット来日時に注目されたトルドー首相も過去にパレードに参加している。

   イギリス王室、カナダの法案に比べ、それを報道する側すら偏見があるように感じてしまう日本はまだまだ後進国なんだなと、アメリカの事件から思った。

モジョっこ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中