2018年 9月 22日 (土)

海外セレブも愛飲「キューカンバーウォーター」マイボトルに水とキュウリ入れて持ち歩き

印刷

   マイボトル(水筒)を持ち歩く人が増えているが、中身は水かお茶という人が多いだろう。それではもったいないというのは、ミス・ユニバース・ジャパンのモデルたちの栄養コンサルタントをしているエリカ・アンギャルさんだ。「モデルたちに必ず持ち歩くように指導している飲み物があります。海外のモデルや女優たちも飲んでいます。それはお水にレモンと何かを入れるのですが、さて何でしょう」

   答えはキュウリだった。キュウリにはカリウムやビタミンCが多く含まれていて、水分補給をしながら美容にも嬉しいというわけなのだ。「海外ではキューカンバーウオーターは夏の定番の飲み物です。水だけを飲むより、たくさんの水を飲めます」(アンギャルさん)

   作り方はきわめて簡単。水1リットルにレモンのスライス4枚、キュウリ2分の1本を縦長の短冊状にして入れ、1時間後には栄養素が水に溶けだしてくるという。

冷房が寒い!ショウガ白湯で体温維持

   夏は冷房が寒くてという人はマイボトルにショウガ白湯を入れておこう。漢方専門医の渡辺賀子さんは「ショウガの成分は胃腸の血流を良くするので、体を中から温める効果があります」という。これも簡単に作ることができる。ショウガに詳しい医学博士・平柳要さんの作り方はこうだ。

   「ここが大事なのですが、ショウガは皮付きのままスライスします。決して皮をむいてはいけません。皮に香りと体を温める成分があるからです。スライスしたもの1個分を保温できるボトルに入れて、熱湯を500ミリリットルほど注ぎます。3時間待てばできあがりです」

   美容と健康のためになるかどうかわかりませんが、キューカンバーウォーターは焼酎の水割りにも合います。

(磯G)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中