傷害で逮捕の町議会副議長 取り調べに「無職」とウソ!議会にも報告せず

印刷

   兵庫県福崎町の町議会副議長が傷害容疑で逮捕され、取り調べに「無職」とうそをつき、議会にも報告していなかった。高井國年町議(61)は先月19日(2016年5月)、姫路市内の駐車場で軽自動車のスペースに普通車をとめようとした会社員と口論となり、足をタイヤで踏まれたことに腹を立てて顔などを殴ったとして逮捕された。すぐに釈放されたが、このときは議員の身分を隠し、書類送検が報道されてから議長に「気が動転して言えなかった」と報告し、警察にも自分から議員であることを届け出た。

   警察にうそをつくと公正証書原本不実記載に問われ、隠した職業によっては量刑が増えることもあるという。

本職は宮司「きまじめ」「穏やかな人」と評判

殴るのは・・・

   高井町議の本職は神社の宮司で、「きまじめ」「言葉づかいが丁寧」「人といさかいを起こす人ではない」と評判がよい。「モーニングショー」の取材に「公人がこんなことをして申しわけございません」と穏やかに答えた。

   司会の羽鳥慎一「へえ、こんな人がねえ。(現場では)いろいろあったのだろうけど、殴ったのはいけない。その後の態度にも問題がありました」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中