高田延彦「『争点はアベノミクス』はカムフラージュ。安倍政権の緊急事態条項は悪夢です」

印刷

   元プロレスラーでタレントの高田延彦は6月27日(2016年)、ツイッターで安倍政権を批判した。「参院選、政権与党のアベノミクスやら経済争点はカムフラージュ」で「本丸は圧倒的に憲法改正、安保法改正!」と言い、これは「第二次安倍政権を振り返れば分かりきっている選挙戦略の常套やり口」だと批判した。「安倍政権での緊急事態条項は悪夢です」とも語っている。

   共産党の藤野保史政策委員長が前日のNHKの討論番組で防衛費を人を殺すための予算と発言したことも批判した。「本来なら政治家の矜持であるはずの言葉の責任、重さを自覚しない質の低い員数合わせがワンサカと議員バッジを付けとるもの。それでも投票はしないといけないジレンマだよ、この参院選、何処に誰に入れようか」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中