2019年 3月 24日 (日)

この夏は注意!人食いツキノワグマが観光地にも出没・・・住宅街の駐車場や人込みも平気

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   秋田でタケノコ採りの4人がクマに襲われて死亡した。いずれもクマに食べられた跡があって、人食いグマが出現した可能性が否定できない。全国的にクマの目撃情報が増え、人間のすぐそばまで来ていることも分かった。いったい何が起こっているのか。

熊よけの鈴に寄ってくる習性

   5月21日(2016年)に秋田・鹿角市の青森県境に近い山林で、タケノコ採りの男性(79)が遺体で見つかった。「体は見せねがった。見ねぇ方がいいと。内臓も心臓も噛んだ跡があるって言ってた。痛かったべなと思って」と妻は語った。

   その翌日、1キロ離れたところで78歳の男性の遺体が見つかった。頭と腹が食べられていた。さらに29日に2件の現場から3キロ離れたところで、鈴を鳴らしながらタケノコ採りをしていた78歳の女性が、背後からいきなり尻を噛みつかれた。女性はとっさにクマの鼻を蹴って助かったが、これまでにはない行動だった。

   ツキノワグマは臆病で、鉢合わせした時でもなければ人を襲うことはないと考えられてきたからだ。鈴を鳴らすなどして警告すれば、クマの方が避けるとされていた。また、主として草食で肉はあまり食べないはず。それが、鈴を鳴らしている人に噛み付いたのだ。研究者は「人間を食べ物と認識した可能性がある」とみた。人食いグマだ。

   その後、立て続けに2人の犠牲者が出たが、遺体は全身の損傷が激しかった。4人目の女性が発見された直後、付近で1頭のクマを猟友会が射殺したが、胃の中はほとんどタケノコで、人体の一部はあったが、遺体の損傷の激しさとは一致しなかった。女性を最初に襲ったクマは別の可能性が強い。現地では厳戒態勢が続いている。

   本当に人喰いグマはいるのか。東京農大の山崎晃司教授は「断言できないが、可能性はゼロではないでしょう」という。クマの生息域はこの35年で大きく拡大した。1978年には山岳地帯だけだったのが、近年は人が住んでいる地域に大きく広がっている。石川・七尾市の石油備蓄基地内、福島のサーキットや住宅街の駐車場の防犯カメラがクマの姿が捉えている。

   山崎教授「かつては、里山が人とクマを隔てていたが、里山の管理ができず草や低木が生い茂って緩衝地帯がクマの生活圏になってしまったのでしょう。残飯などクマを誘うものをなくす必要があります」

文   ヤンヤン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中