2018年 11月 16日 (金)

メッシ「禁固21か月・罰金2億2000万円」タックスヘイブン利用して巨額脱税

印刷

   スペインの裁判所はきのう6日(2016年7月)、サッカー界のスーパースターのリオネル・メッシ選手に禁錮21か月の判決を言い渡した。執行猶予がつき、収監はされない見通しだ。

   メッシは父親とともに2007年から3年間、中南米のタックスヘイブンに設立した会社を利用して416万ユーロ(約4億8000円)の税金を逃れた疑いが持たれていた。ロイター通信によると、裁判所は3件の脱税を認定し、メッシは禁固刑に加え約2億2000万円の罰金、父親には約1億6000万円の罰金が科された。

「知らなかった」じゃすまされない

残念

   今年春(2016年)に明らかとなったタックスヘイブン関連資料「パナマ文書」にもメッシの名前は載っていた。

   司会の加藤浩次「残念ですね。メッシ選手は向こう100年名前が残る選手ですよ。本人は(脱税の)内容についてはわかってなかったと供述してるんですけど、やっぱりこれくらいのワールドクラスの選手になったら、そこもしっかり把握してチェックしないとダメですよね。『知らなかった』じゃ済まされない立場にあると思います」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中