「小池百合子」議員バッジ外し東京都カラー『緑』のスーツ「パラシュートなしで戦います」

印刷

   きのう6日(2016年7月)、東京都知事選に自民党推薦がなくても出馬すると改めて表明した小池百合子・元防衛大臣は、東京とのシンボルカラーの鮮やかなグリーンの服に、議員バッジではなく東京オリンピックのバッジをつけて登場した。

   「自民党都連はむしろ改革が必要というわけでございます」と切り出し、「どこで誰が何を決めているのか不透明で、なぜ2代続けて推薦した知事が短期間で代ったかを考えなければいけないと思います。不本意ながら、パシュートなしの立候補となります」と対決姿勢を打ち出した。

   用意したパネルで、「都議会の冒頭解散」「利権追及チームを作り目安箱を設置」「舛添前知事を追及する第三者委員会設置」を公約とした。議会の解散には知事不信任案の可決か議会のリコールを経なければならないが、テレビ朝日の中丸徹記者は「敵を絞る狙いがある。『都議会には闇が残っています。さあイエスかノーか』を聞こうというのでしょう」と解説する。

都民の判官びいきで善戦か

演出うまい

   司会の羽鳥慎一「小泉純一郎元首相のやり方に似ていますね。演出がうまい」

   自民党本部と東京都連は10日夜(2016年7月)に増田寛也・元総務相を推薦候補として決定する見通しだが、分裂選挙となって、判官びいきで小池氏が善戦という見方も強まってる。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中