また女を上げた「大門未知子」たけしも手伝って高視聴率22%!メス1本でライバルへこますネタ切れ心配
<ドクターX~外科医・大門未知子~スペシャル>(テレビ朝日)

印刷

   おうおう、テレ朝はホクホクだ。視聴率が22%越えで、大門未知子はまた女を上げた。人気ドラマの上に、今回のゲストがビートたけしで、彼を筆者は演技が下手くそだと思っているのだが、大物感だけはあり、クロス医療センターの黒須院長を演じている。日本海を望む金沢の最先端医療機関が舞台の切ったハッタの戦いである。
   フリーランスの外科医・大門未知子(米倉涼子)は、黒須に乞われて難病のフィギュアスケーター・氷室光二郎(伊野尾慧)の手術をすることになる。しかし、黒須は腹に一物ある人物で、創薬の医療センターの名を上げるために大門を利用するのだ。未知子は何者かに襲われて外科医としての命より大切な右手を怪我する。助けてくれたのはマタギ(青木崇高)で、ここで1か月傷を癒して・・・。
   中園ミホのストーリーテラーぶりもスケールが大きくなってきた。山の中のマタギだって。いつもは最先端の医療機関のメタリックな廊下を闊歩する未知子が、怪我をさせられて傷心の表情で、毛皮の帽子に顔を隠して山を歩く。その姿との対比も悪くない。「相棒」がヒットし過ぎて、近頃少々ネタ切れ気味なように、「大門未知子」も次々に腕1つで敵(?)のハナをあかす新しい手を見つけるのはさぞ苦労があるだろう。ま、楽しみに待っているので、頑張っておくれ。
   医師免許を剥奪されてマネジャーになった神原晶(岸部一徳)が、相変わらずの千鳥歩きで、メロン片手に、すごく可笑しい。(放送2016年7月3日21時~)

(黄蘭)

採点:1
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中