2018年 9月 20日 (木)

東国原英夫「石田純一氏、あまり政治行政や立候補という行為を甘く見ないで頂きたい」

印刷

   元宮崎県知事の東国原英夫は7月11日(2016年)、都知事選出馬を断念した石田純一に対し「余り、政治行政や立候補という行為を甘く見ないで頂きたい」とツイッターで苦言を呈した。

   「石田純一氏、出馬断念らしい。そりゃそうだろうな。一体、この数日のドタバタは一体何だったのだろう。氏の、ワイドショービジネスは、天然なのか、計算尽くなのか。真に志や理念とかがあるのなら、『メディアのタイムリミット』も『野党統一でなければ』も無いと思う。単独・一匹狼でも、立候補すべきである」と批判している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中