2018年 9月 23日 (日)

<せいせいするほど、愛してる>(TBS系)
見ている方がこっぱずかしくなるベタベタ恋愛!武井咲・タッキー「ケンカしながら恋をする」お約束通り

印刷

   主演は武井咲、お相手役は滝沢秀明(以下タッキー)だ。武井演じる栗原未亜はティファニーの広報部に勤務していて、今の仕事を天職と重い、生きがいを感じている。タッキーの三好海里はアメリカで大物建築家に認められるほどの実力を持つ建築家だったが、なぜか日本に戻り、伯父の会社であるティファニー・ジャパンの副社長に就任した。社内研修で広報部に配属され、未亜とパートナーを組むことになる。とまあ、こんな感じだ。原作は「プチコミック」(小学館)に連載されていた北川みゆきのコミックだ。

ティファニーの全面協力

   未亜と海里は迎賓館赤坂離宮で出会い、ちょっとした行き違いで「なんなのあの人」「なんなんだアイツ」となったが、職場で出くわし「あの時の!」となる。漫画のような展開(実際、漫画ですが)は見ているほうがこっぱずかしくなる。こういうのが続くようだとちょっとご勘弁かなと思っていたら、未亜の彼氏が出てきたあたりから面白くなってきた。

   高橋光臣演じる山下陽太は未亜にプロポーズし、断られたにも関わらず、未亜の家に勝手に入り込んだり、会社やイベント先に押し掛けたり、ストーカー化まっしぐら。なんとも不気味だ。エレベーターで迫られ、海里に助けを求めると「彼女は俺のモノだ」と言い放ってキスされて・・・と、ここらあたりもありがちの展開だ。

   このドラマ、ティファニー全面協力というが、はたしてこれってティファニーの宣伝になるのか微妙。宣伝部長は嫌な女だし、本物のティファニー・ジャパン副社長はタッキーと比べられて迷惑しているんじゃないの。中村蒼演じるライバル社「ジミーチュウ」広報部長代理も、関西弁の嫌な男ときていて、ティファニーやジミーチュウから文句が出ないか心配だ。

   ま、始まったばかりなので、お手並み拝見ってとこで、しばらくは見るとしよう。(火曜よる10時~)

くろうさぎ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中