堤幸彦期待外れ!コミカルもミステリーも中途半端なドタバタ・・・「絶対舌感」着想面白いのに残念
<神の舌を持つ男 第1回>(TBS系)

印刷

   父親の影響で小さい時から様々な薬草などを食べさせられて、絶対音感ならぬ絶対舌感を持つようになり、何かが口に入るとたちどころにその成分を分析してしまう舌の超能力をもった男の話。有名な映画監督の堤幸彦が演出しているので、どんな傑作かと期待してみたら、コミカルミステリーとかいって中途半端なドタバタ。
   京大薬学部大学院生の朝永蘭丸(向井理)は、山にこもって研究ばかりしていたので巷の事情に疎い。流浪の古物骨董屋の甕棺墓光(木村文乃)らと一緒に栃木に来たところで、蘭丸が一目ぼれして追いかけている温泉芸者のミヤビと擦れ違うが逃げられる。
   金がないので三助を志願した旅館で殺人事件がおこり、それを蘭丸が解決するのが第1回の顛末。向井の演技力を買って堤は蘭丸に起用したと番宣にあるが、浮世離れしたキャラに向井は向いているかもしれないが、ミヤビに執着する理由がよくわからん。また、ウザ可愛い光を演じる木村文乃も、けたたましい女を演じようとして無理をしている雰囲気で今一つしっくりこない演出だ。
   暗い中でモノマニアックに見る映画と違い、明るいリビングで眺めるテレビドラマの舞台が、いわば非日常の温泉場でのドタバタとなると、相当ロマネスクで引き付ける要素がなければ白ける。今のところ大成功とは言いかねる。まあ、続きをみてのお楽しみ。ところで、以後はミヤビを追いかけてのロードムービーになるのかい?(放送2016年7月8日22時~)

(黄蘭)

採点:0.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中