2018年 11月 21日 (水)

「ポケモンGO」人気過熱で米国で自粛呼び掛け!車に轢かれたり墓地入り込んだり

印刷

   一足先にアメリカで配信された任天堂のスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」が、Twitterの利用者数を抜いたという。ポケモンGOはスマホのGPS機能を利用して、実際に歩いて街に潜むポケモンをゲットするゲームだ。

   フジテレビのニューヨーク支局の西橋麻衣子によると、アメリカではわずか1週間で利用者数が6800万人を突破したという。

操作に夢中になって池に転落

   ところが、加熱人気で問題も起きている。YouYubeでゲームを実況中継しながら歩いていた男性が池に転落したり、15歳に少女が歩きながら操作中に車にひかれ頭や腕にケガをする事故が起きたりしているのだ。

日本経済にはプラス

   さらに、ニューヨークの9・11テロのあった場所やワシントンのホロコースト博物館、アーリントン国立墓地にまでポケモンGOを操作しながら入り込む人が続出して、利用自粛が呼び掛けられているという。

   司会の小倉智昭「任天堂の株は上がっていますから、日本経済にとって結構プラスですよ」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中