世界ツアー中のきゃりー、相次ぐテロで「怖くなってきた」

印刷

   歌手のきゃりーぱみゅぱみゅ(23)が7月16日(2016年)、世界でテロやクーデターが立て続けに起きていることを受け、ツイッターで不安な気持ちを吐露した。

   きゃりーはデビュー5周年を記念した自身3度目となるワールドツアーを行っている最中だ。オーストラリア、欧米、アジアの8都市9公演を予定しており、7月中は22日のサンフランシスコ、25日のニューヨーク公演が控えている。

   しかし、世界情勢は不安定になっており、7月15日(日本時間)には仏南部のニースで大型トラックが暴走するテロ事件が発生。16日未明(日本時間)には、トルコで軍の一部勢力よるクーデターとみられる動きがあったばかりだ。

   きゃりーは「今ワールドツアー中で来週はNYとサンフランシスコでライブがあるのだけど、ここ最近テロとかクーデターとかでたくさんの方が犠牲になってしまっていて怖くなってきた」とツイート。「どうか平和になりますように。祈」と平和を願った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中