2018年 10月 17日 (水)

とろろ昆布で夏に負けるな!そうめん、冷奴が2倍美味しくなる万能たれ

印刷

   とろろ昆布は吸い物などに使われるが、意外にも、夏にも出番は多い。「そうめんや冷奴。粉末にすればツナサンドが絶品になります。しかもトロミの昆布は夏バテ解消に最高の一品なんです」とスゴ技Qコーナーで宮下純一レポーターが伝えた。

   独特のドロっとしたネバリがつよい「がごめ昆布」の産地は北海道の函館市で、何が体に良いのか。「フゴダインという成分が免疫機能の活性化します」(北海道大学大学院・佐伯宏樹教授)と言う。このネバリが夏バテ防止や集中力低下を防ぐ効果がある。がごめ昆布を薄く削ったとろろ昆布を使った夏メニューが紹介された

ツナサンドでも意外な実力発揮

   とろろ昆布の万能だれの作り方は極めて簡単だ。とろろ昆布を1センチほどの長さに切り、7ミリの角切りにしたトマトときゅうり、みじん切りにした青じそとみょうが加え、しょうゆ大さじ2とレモン汁をかければ完成だ。そうめん、冷奴の薬味にぴったり。2倍は美味しくなる

 

   とろろ昆布を粉末にするとさらに使い道が広がる。ご飯に掛ければふりかけ、オムライスの溶き卵に混ぜると風味と旨味が増す。ツナサンドに混ぜると「とろろ昆布がツナの水分を吸ってベチャベチャになるのを防いでくれます。しかも、ツナのイノシン酸と昆布のグルタミン酸が混じって旨味が倍加するんです」(宮下)

   粉末とろろ昆布の作り方は、フライパンで弱火で1~2分加熱してからもむ。

(磯G)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中