NHK幹部に椎名林檎の熱狂的ファン?なんとも不似合いなテーマ曲とタイトル「ためして~」わざわざ外した謎
<ガッテン!>(NHK総合)

印刷

   この日のテーマは「アンチエイジングの新常識 毛細血管ケアSP」。若さと健康の大きなカギは「毛細血管」にありということで、最近、注目され始めた「毛細血管ケア」や、カギとなる「血流アップの極意」、さらには「注目の食材」などを紹介した。
   血流アップの極意は「(お風呂は)自分が1番いいと感じる温度(おススメは40度前後)でしっかり肩まで10分程度浸かる(水分補給は忘れずに)」「3分ゆっくり歩いた後、3分早歩きをする」「その場でスキップ&かかとの上げ下げ」などなど。血管若返りには「シナモン」がいいらしい。シナモンは漢方の世界では「ケイヒ」と呼ばれ、古くから血流アップの効果があるとされていたという。ただし、摂り過ぎには注意。
   この4月の改編でタイトルが変更となり、「ためしてガッテン!」から『ためして』をとって「ガッテン!」だけになったが、やっていることはあまり変わらず。司会も立川志の輔と小野文惠アナウンサーのままだし、なぜタイトルを変えたのかいまいち謎だ。
   謎といえば、オープニングとエンディングに使われている椎名林檎の「ジユーダム」というテーマ曲もそうである。番組の内容となんとも不似合いで、気持ちが悪い。なぜこんな曲を使っているのか。椎名林檎は「紅白歌合戦」の常連でもあるが、NHKに熱狂的な椎名林檎ファンでもいるのだろうか。(放送2016年7月13日19時30分~)

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中