波瑠人気にあやかるフジ・・・主演女優に寄りかかるばかりで大丈夫?特殊メイクはなかなかの見もの
<ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 第2回」(フジテレビ系、関西テレビ制作)

印刷

   関ジャニ∞でデビューした頃の悪ガキ風少年・横山裕が、すっかり大人になって先輩刑事だって。後輩刑事の藤堂比奈子(波瑠)は記憶力抜群で異常な犯罪に興味を示す新人。盗まれた冷凍トラックの中に凍った遺体が発見されて展開する猟奇殺人事件だが、いかにも関テレらしいねっとりした人間模様の特殊犯罪である。
   ネタをばらせば家族愛に飢えた男の犯罪なのだが、暴力父親に手籠めにされた実の娘から生まれた男には戸籍がない。名前さえ通称しかない。渇望し続けた家族愛と一家団欒を夢に見て、家族全員を凍らせてしまうのだ。冷凍された人間を演じる俳優たちも動けないのでご苦労さんだが、特殊メイクはなかなかうまくできている。
   班長のベテラン刑事・厚田巖夫になるのは渡部篤郎で、設定は50歳なので頭が胡麻塩のグレイヘアーだ。芸達者な上にスマートなスタイルの彼に白髪役はもったいない。一方、大学教授で監察医の石上妙子役は原田美枝子、変にチャラチャラしていておよそ医者には見えない。波瑠の役が静なので、その対比上、動にしているのか。
   朝ドラ主演以来モテモテの波瑠。決して演技派だとは思わないが、顔の小ささに比べて異様に目が大きいので、イラストの女の子みたいで現代女性に受けるのだろう。低迷のフジテレビは彼女の人気にあやかりたくてチヤホヤだ。主演女優より、要は作品の脚本の質が1番なので、せいぜい気張って猟奇殺人に邁進(?)しておくれ(笑)。(放送2016年7月19日22時~)

(黄蘭)

採点:0.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中