ポケモンGO早くも怪しげ商売!「捕獲代行します」「アカウント売買6万円」

印刷

   全国のポケモンGO騒動をリポートした。北海道・札幌、大阪・道頓堀、鳥取砂丘、飛騨高山、東京・渋谷のハチ公前で、「よっしゃあ、いけましたゼニガメ」なんてお父さんのスマホで遊ぶ子どもがいる。集めたポケモン同士を戦わせる「ジム」というスポットになった秋葉原には、大勢の若者が集まってバトルに一喜一憂していた。

   突然、ログインができなくなる事態も起こった。「サーバーが落ちたみたいです」。アクセスが集中しすぎて一時的にダウンしたらしい。「ああ、渋谷はダメ」

東京・錦糸町公園、名古屋・舞鶴公園の異様な光景

   商売繁盛だったのが「充電器」だ。ポケモンGOはスマホの電池の消耗が激しいので、たちまち干上がってしまう。そこで「記念キャンペーン、充電器など10%オフ」とやったのが秋葉原の電気店で、「売れてます」とほくほく顔だ。

日本中大騒ぎ

   墨田区の錦糸公園は大変な人出となった。「ポケストップ」といって、ポケモンを捕まえるモンスターボールやアイテムが無料で入手できる場所がいくつもあるからだ。夜遅くまで、みんなじっとスマホ画面を見つめている様は異様だ。

   「聖地」になったところも出た。名古屋市の鶴舞公園の中央部分が、上空から見るとモンスターボールの形にそっくりで、ツイッターで話題になったとかで若者が続々とやってきていた。

   ネットでは早くも怪しげなものが登場している。オークションサイトに「ポケモン捕獲の代行します」「(課金の)アカウント」の売買が6万円だ、1万5000円だという値段で並んでいた。売買は不正行為だし、本物かどうかもわからないのだが、堂々たるもんだ。

住宅侵入、ながら自転車衝突、運転ポケモン・・・トラブル続発

   人が集まることでのトラブルが起こることを警戒して、出雲大社や富岡製糸場などでは、ポケモンGOを禁止にしたところもある。菅義偉官房長官の会見でも「国会や首相官邸でもポケモンが見つかっているが」という質問が出て、「もう見つかってるの」と珍しく笑ったが、「立ち入り禁止の場所には立ち入らないように注意していただきたい」

   集合住宅内に男2人が入り込んで住民とトラブルになったり(宮城・大崎市)、10代後半の少年が自転車でポケモンしていて40歳男性と衝突(愛媛・新居浜市)、原付バイクで「走りポケモン」の22歳の大学生を検挙(京都・亀岡市)、車を運転しながらやっていた男女3人を摘発(岡山・倉敷市)などが起こっている。

   司会の夏目三久「街中でもオフィスでもポケモンGO一色ですね」

   パトリック・ハーラン(タレント)「リサーチのためにダウンロードしてやり始めたら、面白い。親子で散歩したから楽しかったですよ。街を散歩するから運動にもなる。すれ違うと『あそこにいましたよ』なんてね。娘が『パパお散歩行こう』というのが嬉しい」

   沢松奈生子(元プロテニス選手)「親子で楽しむのに最高。ただ、ルールを決めたの」と見せたのが、(1)1人で使わない、(2)歩きスマホはダメ、(3)勝手に課金しない。「でも、このルール私のためでもあるんです。課金したくて、我慢が大変」(大笑い)

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中