2018年 11月 21日 (水)

ポケモンGOほどほどにしろ!クルマ運転中や自転車で歩行者と衝突

印刷

   予想された通り、ポケモンGOによるトラブルが各地で頻発している。岡山県ではポケモンGOを操作しながら車を運転したドライバーが道交法違反で摘発され、愛媛県では自転車に乗ってやっていた10代の少年が40代の男性と衝突、愛知県でも「ながら自転車」の女性がひったくり被害にあった。北海道では熱中していた大学生がクマと遭遇した。

急に立ち止まって周りキョロキョロ

   きのう24日(2016年7月)の東京・代々木公園は、普段なら人がほとんどいない深夜までポケモンGOをいじる人であふれた。「夜通しやろうと来た」「やりながら歩いて家まで帰る」「ここはポケモンGOの聖地」などと、大盛り上がりだった。

tv_20160725120739.jpg

   司会の羽鳥慎一「ながら歩きや信号待ちなど特徴が見えてきました。スマホを持って急に立ち止まったり、周りをキョロキョロしたりするのはポケモンを捕まえようとする動きです」

   ITジャーナリストの三上洋さんは「ポケモン狂想曲です。動きながらの操作は本当に危ない」と警告する。

   石原良純(タレント)「人の歩き方が変わったな。街中での歩きスマホは危ない。急に止まるのはほんと恐いです」

   宇賀なつみキャスター「街歩きが楽しくなりますよ」

   住田裕子(弁護士)「トラブルが心配。命の危険もある。運営者は気をつけてほしいです」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中