2018年 9月 21日 (金)

「都知事選」新聞各紙の情勢調査!目下の順位は小池、増田、鳥越・・・1週間で逆転あるか?

印刷

   東京都知事選の新聞各紙の情勢世論調査が出そろった。小池百合子(64)がトップを走り、増田寛也(64)、鳥越俊太郎(76)の順で追う展開で各紙はほぼ一致している。

   司会の羽鳥慎一「新聞の見出しや分析を見てみました」

   朝日新聞は「小池氏優勢、増田氏追う、鳥越氏苦戦」と報じた。自民党支持層の半分を小池が固め、増田は40%にとどまった。民進党支持層では鳥越が60%だが、他の2人への支持もある。無党派層ですでに投票先を決めた人の50%弱が小池支持だという。

   読売新聞は「小池・増田氏競り合い、鳥越氏が追う」。毎日新聞は「小池氏リード、増田氏、鳥越氏追う」となった。どの新聞も有権者の30~40%が「まだ決めていない」と、こうした調査の決まり文句を忘れていない。

「優位」「優勢」「競り合い」「懸命に追う」記事用語を解説

   テレビ朝日政治部の中丸徹・与党キャップは「順位は各紙かわらず、各陣営もそう受けとめています」と話す。

出そろいました

   実際にどれだけの差がついているかは、公選法で公表が禁止されているため、具体的には書けない。そこで、新聞の用語に隠れたニュアンスのちがいを推し測ると、優位というのは「他を大きく引き離している」、優勢やリードはこれに近いとマスコミ界ではいわれる。「競り合う」は互角だが、名前が先に書いてある方がリードしていることを示す。「懸命に追う」は差は縮まらない状態なのだそうだ。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中