神奈川の障害者施設で15人刺殺!元職員が押し入り「生きる価値がない」

印刷

   きょう26日(2016年7月)午前2時50分ごろ、神奈川県相模原市緑区の障害者福祉施設「津久井やまゆり園」から、「男が刃物を持って暴れている」と110番通報があった。警察官が駆けつけたところ、入居者多数が刺されており、朝8時までに15人の死亡が確認された。刺した男は午前3時すぎ、津久井署に出頭し、殺人未遂などで逮捕された。

   男は植松聖容疑者(26)でこの施設の元職員と言っている。

「津久井やまゆり園」入居者150人は就寝中

   津久井やまゆり園は社会福祉法人「神奈川共同体」が運営しており、障害者の食事や入浴などの支援、軽作業などの生活介助を行っている。入居者は約150人で、事件のあった時はほとんどは就寝中だった。

動機わかりません

   施設はJR中央本線の相模湖駅から約2キロの静かな山間にあり、約3万平方メートエルの広い敷地に、2つの居住棟、管理棟、体育館のほか、プール、運動場などもある。あたりは緑が多く、住宅が立ち並んでいる。

入居者や施設側とトラブル?

   近所の住民が施設の職員から聞いたところでは、植松は入居者を「生きる価値がない」などといっていたという。司会の夏目三久は「まだ動機がよくわからないのですが、どんなことが考えられますか」

   龍崎孝(流通経済大教授)「不可解な言動を繰り返していたというのですが、入居者への行動とかで不安を与えることがあって、辞めさせられることにつながったのかもしれません。入居者への不満を抱えていたことも考えられます」

   職員の資質のほか、 施設運営の内容がどうであったかも関わってくるのかもしれない。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中