大学後半から人が変った植松聖!背中一面に刺青、脱法ハーブ、金髪に整形手術

印刷

   神奈川県相模原市の障害者福祉施設「津久井やまゆり園」できのう26日(2016年7月)未明に起こった殺傷事件は、死者19人、重軽傷26人で、死者数では帝銀事件や地下鉄サリン事件を上回る、戦後最悪の事件となった。逮捕された施設の元職員、植松聖(26)は「障害者は生きていても意味がない」と言っているという。狂気の言動はどこから来たのか。

措置入院からわずか12日で退院。「大麻陽性」警察に通報なし

   植松は犯行直後にツイッターに「世界が平和になりますように。beautiful Japan!!!」と書き込んでいた。2012年からこの施設で働いていたが、今年(2016年)2月14日と15日に衆院議長の公邸を訪れ、犯行予告とも取れる手紙を持参した。「障害者は不幸を作ることしかできません」「私は障害者総勢470名を抹殺することができます」「日本国と世界のため」などとあり、殺害方法も「職員の少ない夜勤に決行」「職員は傷つけない」「結束バンドで縛る」など具体的だった。

わからないこと多い

   連絡を受けた施設が18日に本人にただしたところ、「重複障害者は生きていても意味がないので安楽死にすればいい」などと話したため、神奈川県警に相談した。県警は本人と面談のうえ、「他人に危害を加える恐れがある」と判断して相模原市に通報し、精神保健福祉法に基づく緊急措置入院とした。2人の指定医の診断は「妄想性障害」「大麻精神病」で、正式な措置入院とした。尿からは大麻の陽性反応が出たが、なぜか医師は県警には通報しなかった。そして3月2日、指定医は「他人に危害を加える恐れがなくなった」として、退院させていた。

   その後、県警は植松の自宅を訪問したが不在だったため、親に動向を連絡するよう依頼したという。また、施設側は防犯カメラ16台を増設していた。県警は「必要な措置はとっていた」という。

「障害者一緒に殺しに行こう」と誘われた知人

   植松が通っていた理髪店の店長は「礼儀正しく明るい青年だったが、2月に来店した際、『障害者1人に税金がどれだけ使われているか知っているか。1度も面会に来ない家族もいる。理不尽だ』と人が変わったようだった」と話す。

   もともと教育や福祉に関心が高く、障害者を擁護するような人柄だったが、大学時代からの知人は「大学の後半から性格が変わり始めて、刺青を入れたり、脱法ハーブをやっているとかいう話も聞きましたね」という。「障害者なんかいらないから、一緒に殺しに行こう」と誘われた知人もいた。「なに言ってんの」と取り合わなかったが、「精神的に不安定で切れやすかった」という証言もある。

   刺青については、昨年1月のツイッターで「会社にバレました。笑顔で乗りきろうと思います」と写真を載せていた。おかめ、ヒョットコに般若が絡む絵柄が背中全面にあった。退職後に会った知人は「顔を整形していたので驚きました。二重まぶたに金髪だった」と話している。

   牧嶋博子(TBS報道局解説委員)「措置入院の後、退院の判断が正しかったのかの検証が必要でしょう」

   司会の夏目三久「医師の診断で行政が判断するわけですよね」

   牧嶋「退院後の指導や監督については、実は決まりも何もないんです。制度を早急に検討する必要があります

   竹内薫(サイエンスライター)「退院後のフォローがなされていなかったということ」「障害者施設で働くのは人に優しい人のはずなのに、それがどうしてという感じですね」

   植松は津久井署から横浜地検に身柄送検されたが、車の中で薄笑いを浮かべていた。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中