用心深い大橋巨泉さんでも見抜けなかったとんでもない医者!カルテも読まずにモルヒネ系投薬

印刷

   永六輔さんと大橋巨泉さんは年もほぼ同じ、同じ時期に亡くなった。テレビの草創期から活躍していた2人だが、芸域の広さでいえば永さんのほうだと思うが、亡くなった後のメディアの露出でいうと巨泉さんのほうが多いような気がするのは、私が一時期親しくしていたからだろうか。

   巨泉さんが亡くなった後、奥さんの寿々子さんがこんなコメントをメディアに出した。「皆様方も良くご存知のように夫は自他共に許す『わがまま』と言われ、痛い事やつらい事、待つ事、自分の意に染まない事は『避けて通る』というわがままでした。

   そんな夫が2005年に胃がんを手術、2013年には第4期の中咽頭がんで3度の手術と4回の放射線治療、昨秋には2度の腸閉塞と手術を、そして4月の在宅介護の鎮痛剤の誤投与と続いても、12日までの約11年間の闘病生活を勇敢に戦って来ました。特に4月からの3ヶ月間は死を覚悟し、全てを受け入れ、一言の文句も言わず、痛みも訴えずに、じっと我慢をしてくれました。(中略)

   そして最後は眠ったまま静かに旅立ちました。たぶん、若くして亡くなった大好きな母親の迎えを受けての旅立ちだと思います」

   永さんの死と参議院選の結果は本人には伝えなかったと聞いている。

   週刊現代によれば、巨泉さんは3月に入院した国立がん研究センター中央病院ではがんは見つからなかったという。自宅での介護は問題ないといわれ退院してきて自宅にいたのだが、そこへ訪ねてきた在宅介護の院長が、がんセンターのカルテも読まずに、巨泉さんが背中が痛いというと「背中の痛みを抑えるために薬を飲みましょう」とモルヒネ系の薬や貼り薬を処方されたというのだ。

   それによって、普通に歩いてトイレへも行っていた巨泉さんの容体が急変してしまった。見かねた奥さんと弟さんががんセンターの医師と話し、その後がんセンターへ戻そうと車で出た直後に意識がなくなり、集中治療室へ運び込まれたが、そこを出ることなく息を引き取った。

   後にこの医者は皮膚科の専門医であったことがわかった。医者からは「緩和ケアをするものだと勘違いしていた」と詫びの電話があったというが、とんでもない医者がいたものである。

   こうしたことがなければ、巨泉さんは最後までクオリティ・オブ・ライフをまっとうすることができたのではないか。週刊現代は巨泉さんのケースを、だから危険な手術や危険な薬は飲んではいけないのだと大特集に結びつけている。そうかもしれないが、この医者のケースはひどすぎると思う。巨泉さん、さぞかし無念だっただろうな。

芥川賞「クレージー村田沙耶香さん」コンビニ小説楽しめそう

   芥川賞作家になった村田沙耶香さん(36)はコンビニアルバイト歴18年で、書いた小説が「コンビニ人間」。「コンビニの仕事を通してのみ自身の存在意義を感じ、『普通』を強要する世間に違和感を覚える姿を描いている」(週刊文春)そうだ。

   文学賞を受賞した小説の劣化がいわれて久しい。直木賞選考委員の北方謙三氏も年々おもしろくなくなって来ていると嘆いていた。村田さんの小説は未読だが、「清楚な見た目と裏腹に、エッジの利いた人柄から『クレイジー沙耶香』の愛称で呼ばれることもある」(同)そうだから、楽しめるかもしれない。

   西村賢太氏は日雇いを続けながら書き続け、芥川賞をとった。今も昔も、小説を書くためにはそれ相応の苦労が必要なのだろう。過日、西村氏の行きつけの鶯谷の居酒屋「信濃路」へ行ってきた。千ベロとはいかないが二千ベロは間違いない。

   カウンター中心の店で、ひとりで入ってもゆっくり飲める居酒屋の王道を行く居酒屋である。

巨人選手のあきれる脇の甘さ!今度は暴力団関係者と飲食したり試合前のグラウンドで談笑したり

   週刊文春は6月下旬(2016年)にNPB(一般社団法人日本野球機構)が各球団に向けて赤い文字で「緊急」と書いた顔写真入りの『手配書』を出したと報じている。

   内容はというと、野球賭博事件に関する調査の過程で、暴力団関係者の属性を隠して複数の球団の選手に接触している人間がいることがわかったというのだ。ご丁寧にその人間のカラー写真から実名、住所、生年月日から電話番号まで記載されているという。そのA氏というのは広域指定暴力団の元組長で、NPBは入場券の販売や全球団への入場を排除する通知を内容証明つきで送り、各球団に対応を要請したというのである。

   すわ、また暴力団がらみの不祥事発覚かと思って読んでみたが、それほどの大騒動になることではないようだが、野球選手、それも巨人の選手の脇の甘さがよくわかる話である。

   当該の元組長氏もインタビューに答えて、そうした事実はあると認めている。身分を隠して選手に近づいたのは、「その点は反省しています。自分としては、選手に迷惑をかけまいという配慮のつもりでしたが、結果的に嘘をついたことになるならば申し訳なく思う。過去は隠しようがない事実ですが、今は堅気として生活しているし、どの組とも関係ありません。何より選手は悪くない。そこはご理解ください」

   巨人の中軸選手、坂本勇人、長野久義、内海哲也らが複数回、その人間と飲食をともにしていたことがわかっている。また、見学パスを使って何度も試合前の東京ドームのグラウンドに立ち入っていたことも判明しているという。暴力団員が自ら私はヤクザですというわけもない。不動産屋、飲食店店主などと偽って選手に接触してくるのが常套手段であろう。

   件の元組長は野球賭博には関わっていなかったというが、選手の中には自分のケガの相談までしている者もいたという。主力選手がケガといえば有力な情報になり、賭博のハンデも違ってくるかもしれない。それにしても巨人をはじめ、プロ野球選手はカネをチャラチャラさせてくる人間に弱すぎる。再び暴力団がらみの不祥事が起こることは間違いないだろう。

「週刊女性」が一人気を吐く「緊急事態条項阻止こそ護憲の1丁目1番地」

   参院選で改憲派が3分の2を占めたことで、憲法改正を安倍首相がいい出すのではないかと選挙直後には喧しかったが、のど元過ぎれば熱さを忘れるで、多くのメディアはそんなことをすっかり忘れてしまったかのようだが、女性誌は忘れていない。

   女性自身は安倍首相が破れかぶれでやってくる「緊急事態条項」だけは通さない覚悟をもてと警鐘を鳴らす。なぜなら、安倍首相の任期が2018年の秋までだから、国民の間に反発の強い九条などではなく、<「『本命』は『緊急事態条項』でしょう。これは現行憲法にはなく自民党改革案に新しく追加された条文で、いわゆる『加憲』のひとつになります」(東大総合文化研究科・内山融教授)>

   これは外部からの武力攻撃や大地震などが起きた場合、首相は緊急事態宣言することができ、法律と同一の効力を有する政令を制定できることになり、<「それを隠れ蓑に首相に権力を集中できるシステムが作られてしまうのではないかという危惧があります」(内山氏)>

   忘れてならないのは、国会で憲法改正の発議をして国民投票になっても、有効投票数の過半数で可決してしまうことだ。今回の参院選を例にとると、国民の4分の1程度の賛成で成立してしまうのである。

   神戸女学院大学名誉教授の内田樹氏はこう語る。<「安倍首相には任期というタイムリミットがあります。次の衆院選で3分の2取れる保証もない。だから、短期決戦に出てくるはずです。

   9条や基本的人権の尊重などに手をつけると国論を二分する騒ぎになる。それを調整するだけの時間的余裕が政権にはありません。ですから憲法本体には手を付けず『緊急事態条項』の『加憲』の一点張りで勝負に出ると予測しています。

   『緊急事態条項』を通せばそれから後は何が起きようと総理大臣がこれは『緊急事態』だと認定すれば、憲法が停止できます。政府の出す政令が法律に変わる。つまり、事実上の独裁体制が成立します。(中略)

   その本質は憲法停止の条件を定めたものです。『改憲』ではなく『廃憲』です。緊急事態条項さえ通せば、総理大臣は憲法を好きなときに停止できる。つまり国民主権・立憲主義をうたう憲法の全体が無効化されるということです。(中略)

   ですから、『緊急事態条項』だけは絶対に通さないという強い意志を、読者の皆さんが持っていてほしいと思います」>

   強い意思と覚悟をもたなくてはいけないのは、死ぬまでSEXや健康雑誌のような手術と薬の大特集ばかり毎回やっている週刊誌も同じである。

父親・千葉真一を越えた息子「真剣佑」抜群の運動能力と女好き!14歳で30代人妻に子供

   フライデーから1本。千葉真一という往年のスターがいるが、彼の19歳の息子、真剣佑(マッケンユー)は、TBS系のドラマ「仰げば尊し」で人気だそうだ。今世紀最大の美男子と騒がれるだけあって、父親譲りの美貌と、アメリカ・ロサンゼルスで学んだため英語はペラペラ、そのうえ極真空手のLA大会の優勝者だそうだ。

   それにこれまた父親譲り(?)の女好きで、14歳の時に30代の結婚している女性とSEXをして、子どもができたというのである。現在、子どもは5歳でロスにいるそうだ。この息子、親父を超える逸材かもしれない。

   最後に軟らかい話題で締めよう。週刊新潮が巷で話題の「西麻布 裸レストラン」について報じている。こうしたレストランの発祥の地はロンドンだという。ヒンドゥー語で自然を意味する名のレストランが6月中旬にオープンし、申し込みが殺到しておよそ3万人がキャンセル待ちだという。

   それを知って「これはいける」と思い立った人間が、東京にもつくってみんべェと港区内に「Amrita(アムリタ)」という、サンスクリット語で不老不死の薬を意味する店を7月29日にオープンさせるのだ。

   ホームページには「ボディに自信の無い方は、ご相談ください」「20歳から60歳まで」「身長に対する平均体重の15キロオーバーの方は入店が出来ません」と謳ってあり、違反した場合は前払い代金も戻らないという。まあ、抜け道はあるようだが、3種類のコースのうち安いのでも1万4000円だから、かなり高いといわざるを得ないだろう。だが、店にいわせると見物客が殺到して、あわてて店の場所を変えたという。

   客は入るとウエルカムドリンクを飲んでから更衣室に入り服を脱ぎ、薄手のカーテンでしきられたテーブル個室に入る。ロンドンはそのまま全裸だが、東京は規制が厳しいので、男は紙パンツ、女は紙ショーツと紙ブラジャーを着ける。スタッフは筋骨隆々の男ばかり。男のショーもあるそうだ。

   よほどの身体に自信のある人間しか入れなさそうだが、予約はすでに1万組を超えているという。男女比は男4に女6、全体の4割が外国人だという。「日頃から鍛えている肉体を披露する場をさがしていた」というのが多く、スポーツジムで筋トレに励んでいる40人の貸し切りも入っているそうだ。

   身体に自信のあるあなた、行ってみませんか。わたは遠慮しておきますが。

   もう一本は週刊現代の「主婦に聞いた 50過ぎてフェラチオできますか」。直截な聞き方だが、気になる亭主も多いのでは? 週刊現代が事実婚を含める13人の主婦に尋ねたら、夫のペニスを積極的に舐めるのは5人。それと同数が「夫にはしないけど不倫相手なら大歓迎」

   もともと女性は舐めるのが好きなんだというのは作家の坂井希久子氏。<「物をしゃぶる行為は、赤ちゃんの頃から気持ちいいと感じていたはずの感覚です。ディープキスが気持ちいいのと同じで、口の中の様々な場所にペニスが当たるフェラチオにも快感を覚えるはずなんです。女性の口に優しく指を入れて、口の中を触られる感覚を教えてあげるとフェラチオも楽しくなると思います」>

   恥ずかしいと思っている女性にはクンニリングスでたっぷり奉仕してからシックスナインに持ち込むといいという。猛暑到来。あまり無理をなさらぬように。

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中