クマじゃない「インドではヒョウ」村民に次々飛びかかり!噛みつかれて少年ら12人負傷

印刷

   インドで7月26日(2016年)、屋根の上に大勢が避難していた。あたりに緊張がただよう。棒を持った男性が左の家屋に近づくと、飛び出してきたのは野生のヒョウだ。村はパニックになった。

   「逃げろ、逃げろ」の声が響いた。ヒョウは殴ろうとする男性に飛びかかり、助けに入ったターバンの男性や赤い服の男性にも襲いかかった。ヒョウはいったん小屋に戻ったが、すぐに出てきて今度は少年にかみついた。少年は足を噛まれたらしく、ひきずりながら後ずさりする。結局、警官2人をふくむ12人が負傷した。

棍棒で撃退?無理でしょ

   司会の小倉智昭「日本だったら大変な騒動になるところです。深刻な被害です。あれだけ棒で殴ったらもっと凶暴になりますよ。1頭だったのかね。いっぱいいるように見えますけど」

tv_20160801113556.jpg

   キャスターの菊川怜「スピードが速くかったですからね」

   ヒョウは3日前から目撃されていたという。その後、死骸で見つかったそうだ。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中