都知事選開票のあおり食ったNHK大河「真田丸」放送時間繰り上げで最低視聴率

印刷

   31日(2016年7月)のNHK大河ドラマ「真田丸」が、平均視聴率14・5%と最低を記録した。この日はNHK総合は東京都知事選挙の開票速報がよる8時からあり、「真田丸」は7時15分からの繰り上げ放送になったため、見損ねた大河ファンが多かったようだ。前週の24日の放送の最後に「来週は7時15分放送」という表示が出たが気づかず、8時にチャンネルを合わせたら「あら、終わっちゃってた」というわけだ。

   皮肉にも、そのままチャンネルをNHKに合わせていた視聴者も多く、都知事選開票特番は20%と高視聴率を記録した。「真田丸」のこれまでの最低視聴率は7月10日の15・1%で、この日も参院選開票とぶつかって繰り上げ放送だった。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中