2021年 1月 19日 (火)

原爆投下の新事実「トルーマンはなぜ広島、長崎に落としたか」軍の内部資料、元軍人の証言テープを分析

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?
(C)NHK
(C)NHK

   アメリカは1945年8月6、9日、広島と長崎に原子爆弾を投下した。アメリカでは当時のトルーマン大統領が数百万人の米兵を救うため決断した「意義ある作戦」だったという受け止め方が根強いが、軍の内部資料や政権宛ての親書の解析が進み、新事実が明らかになってきた。

   NHKは投下作戦に関わった元軍人に取材し、原爆を開発した陸軍のグローブス将軍などの肉声を録音したテープを発見した。「トルーマン大統領は実は何も決断していなかった...」。アメリカの歴史家の多くがそうささやき始めた71年目の夏、原爆投下の知られざる新事実に迫る。

NHKスペシャル 原爆投下 書き替えられた真実(仮)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中