2020東京五輪「追加5競技」決定!野球12年ぶり復活、空手、スケボーも

印刷

   ブラジル・リオデジャネイロで開かれていた国際オリンピック委員会(IOC)総会で3日(2016年8月)、2020年の東京五輪で日本が提案していた追加5競技18種目の実施を決めた。野球・ソフトボールが復活するほか、空手、スケートボード、スポーツクライミング、サーフィンが加わる。

   全日本野球協会の市野紀生会長は「大変うれしい」。野球・ソフトボールはロンドン五輪から外されていた。復活は12年ぶりになる。プロサーファーの大野修聖選手が「オリンピック競技になるなんて思わなかった」という。

誰がやってるの?スポーツクライミング

   司会の羽鳥慎一は「これで474選手が参加できることになります」という。空手はともかく、「スポーツクライミングがオリンピック種目になるんですよ」

tv_20160804122603.jpg

   宇賀なつみキャスター「趣味でやる人はいますけどね」

   高木美保(タレント)「どうやって勝ち負けが決まるんだろ。興味がある」

   羽鳥「タイムです。なかなか斬新ですよ」

   玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「スパイダーマンなら優勝する」

   羽鳥「あれはプロだから」と朝からバカなことを言ってる。

   リオの力石大輔記者は「決定の瞬間、東京五輪組織委の森喜朗会長は、これまで見たことがないような笑顔を浮かべていました」と伝える。プレゼンテーションは森氏が行い、「若者」という言葉を多用していたという。野球について、馴染みがない国からは「野球の意義は何か」、よく知っている委員からは「アメリカ大リーグの選手は出るのか」などの質問があったという。

   羽鳥「やっぱり若者なんですね。スケートボード。クライミング、サーフィン。で、空手には天才少女がいるんですが、東京五輪には出られないかもしれない」

   これが新潟の高野万優ちゃん(10)で、9歳の昨年(2015年)、伸びるパンツのCMで注目された。「オリンピックに出て優勝したいです」と言っているのだが、2020年はまだ14歳で、「16歳以上」という出場条件をクリアできない。

   羽鳥「天才ならではの悩みですね。この年齢でこのレベルに達してしまった」

サーフィン会場に各地の海岸名乗り

   他にも問題がある。野球はプロリーグのシーズン中ということで、メジャーが消極的。また、球場も決まっていない。東京ドームは警備に問題があって横浜球場が最有力という。

   羽鳥「東京オリンピックだが横浜でもやる」

   サーフィンとなると横浜どころじゃない。波がないとできないのだから、九十九里浜(千葉)、静波海岸(静岡)、太平洋ロングビーチ(愛知)のほか、小倉ケ浜(宮崎)も名乗りを上げているそうだ。

   玉川「波がないとできないけど、逆に台風が来ちゃったらどうする」

   羽鳥「どうする、どうする」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中