「柔道」悲願の金メダル!73キロ級大野将平 リードしても攻め続け一本勝ち

印刷

   メダルが決まるのが日本時間の早朝というのが続く。リオ五輪4日目のきょう9日(2016年8月)は、柔道に初めて金メダルが出た。ロンドンで金ゼロに終わった男子が一つ「最強」を証明した。また午前7時には体操男子が悲願の団体金メダルを獲得した。アテネ五輪以来12年ぶりだ。

野獣・松本薫が名言「銅メダルは甘酸っぱいです」

 

   柔道男子選手がアゼルバイジャンのオルジョイ選手から開始わずか1分半で技ありを取り、さらに責め続けて3分に小内刈りで一本勝ちをした。久々に日本柔道らしい技の冴えを見せた勝利だった。

本当にうれしそう
 

   その言葉がよかった。「内容的に満足できるものではなかったですけど、柔道の素晴らしさ、強さ、美しさを伝えられたんじゃないか」。さらに「金メダルをとって当たり前という声が聞こえていたので、当たり前のことを当たり前にやる難しさを改めて感じました」

 

   初のオリンピック出場ながら、「普通の国際大会と一緒。気持ちの持ちようひとつだと思います」

 

   司会の羽鳥慎一「勝つだけじゃなく、勝ち方にこだわってる。技ありの後も責め続けて一本を狙ったんですからね」

 

   リオのスタジオに女子57キロ級で銅メダルをとった松本薫選手が現れた。松本はロンドンの金メダリストだが、今回は準決勝でまさかの一本負けを喫して、3位決定戦をものにした。

 

   羽鳥に「銅メダルの味は?」と聞かれて、「甘酸っぱい感じ」「えっ、甘酸っぱい?」「メダルをとれた安心感と、(隣の)大野の金メダルを見ると、やっぱり金が欲しかったなと」。もはや、野獣と言われた「戦闘モード」ではなく、にこやかに笑っていた。

 

   玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「甘酸っぱいという表現は名言じゃないですか」

体操男子団体ダントツの強さ!内村航平宣言通り「金だけを狙う」

 

   次が体操男子の団体戦だ。ロンドン五輪では銀に終わり、リーダーの内村航平選手は「金だけを狙う」と宣言していた。その内村が予選では鉄棒で落下するなどミスが続き4位発進となっていた。

 

   団体戦は6種目で争われる。山室光史、加藤凌平、田中佑典、白井健三と内村の5人から各種目3人づつが出場するが、内村は全種目に出た。

 

   予選4位のためにあん馬からのスタートで、ちょっとつまずきがあったが、以後は堅実に得点を重ね、最後の床を残してトップに立った。2位がロシア、3位が中国だったが、日本は床を終えて断然リードする。

 

   ロシアが「満点でも追いつかない」とわかって、最後の演技を見守る選手たちに安堵が広がった。そして表彰式で君が代を聞きながら笑顔の内村の映像が映った。

 

   宇賀なつみキャスター「あんなうれしそうな内村選手、初めて見ました」

 

   体操はこれから個人戦になる。種目別と総合と、まだメダルが出そうだ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中