竹田恒泰「メダルを噛むのは品がないしはしたない。価値あるものなのだから、大切に扱ってほしい」

印刷

   作家の竹田恒泰は8月9日(2016年)、「選手がメダルを噛まなくなって、本当に良かった」とツイッターに投稿した。リオ五輪が開幕して4日が経ち、日本代表は金メダル3個と銅メダル6個を獲得している。竹田は「メダルを噛むのは品がないしはしたない。見方によっては負けた人への当てつけにも見える。せっかくとった価値あるものなのだから、大切に扱ってほしい。せめてキスや頰ずりなら良いと思う」と語り、14年のソチ冬季五輪からメダルを噛む日本人選手が見当たらず、「喜ばしく思う」と話した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中