2018年 12月 10日 (月)

竹田恒泰「メダルを噛むのは品がないしはしたない。価値あるものなのだから、大切に扱ってほしい」

印刷

   作家の竹田恒泰は8月9日(2016年)、「選手がメダルを噛まなくなって、本当に良かった」とツイッターに投稿した。リオ五輪が開幕して4日が経ち、日本代表は金メダル3個と銅メダル6個を獲得している。竹田は「メダルを噛むのは品がないしはしたない。見方によっては負けた人への当てつけにも見える。せっかくとった価値あるものなのだから、大切に扱ってほしい。せめてキスや頰ずりなら良いと思う」と語り、14年のソチ冬季五輪からメダルを噛む日本人選手が見当たらず、「喜ばしく思う」と話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中