2018年 9月 22日 (土)

週刊ポスト「CMギャラランキング」意外に安いマツコ!ベッキーは大幅下落?

印刷

   「週刊ポスト」(8月19・26日合併号)が女性タレント・俳優・歌手のテレビCMの1本あたりのギャラランキングをまとめていて、これがなかなか興味深い。トップはだれか、ベッキーは下がったのかどうか。大手広告代理店の内部資料を基に週刊ポストが作成したものだという。

   トップは吉永小百合で1億円以上というからさすが大女優である。その吉永と同ランクが安室奈美恵だという。最近はヒットも少ないのにどうしてなのか。女性の好感度が非常に高く、リオ五輪のテーマソングも追い風になっているという。CM出演本数トップのマツコ・デラックスは5000~6000万円ととくに高いわけでもない。それが多くの起業家起用する理由か。やはりCM人気の有村架純は4000~5000万円で、吉田羊は圏外からいきなり3500~4000万円の中堅にランクアップした。

   では、ベッキーは? 内部資料では金額欄が空欄になっているそうだ。かつてのCM女王もゲス不倫ですべて下り、テレビ番組のレギュラー出演も不透明だ。広告代理店も『値付け』の使用がないというわけなのだろう。ただ、話題性はあるので企業からの問い合わせは多いという。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中