北川景子も福原愛に負けた!卓球準決勝と重なり「家売るオンナ」視聴率ひとケタ転落

印刷

   夏ドラマで2ケタ視聴率を維持していた北川景子主演の日本テレビ系ドラマ「家売るオンナ」(水曜よる10時)が、10日(2016年8月)放送の5話で1ケタに転落した。同じ時間帯のよる9時からテレビ東京系でリオ五輪の「卓球・女子シングルス準決勝」が中継放送され、日本の福原愛がメダルをかけて熱戦を繰り広げていた。

   「家売るオンナ」は平均視聴率12・4%でスタートし、その後もほぼ12%台を維持してきたが、10日放送は9・5%だった。このとき、福原はロンドン五輪、世界選手権、ワールドカップの3大大会の覇者・李暁霞(中国)と対戦していて、ストレート負けだったが視聴率は8・9%と高かった。

   これで2ケタの視聴率を維持している夏ドラマはなくなった。

(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中