推定年齢392歳の深海サメ発見!動物の長寿記録更新・・・誕生は徳川家光の時代

印刷

   「とっても長生きのサメが発見されました」と宇垣美里アナが伝える。デンマークの研究チームが推定年齢392歳のニシオンデンザメを発見したというのだ。北極海が生息域だというこのサメは、1624年ごろの生まれになる。日本では徳川家光が将軍を務めていたころだ。

海の底に住んでゆっくり成長

   これまで最年長とされていた動物は、211歳のホッキョククジラで、今回のニシオンデンザメはこれを大きく上回った。ニシオンデンザメの寿命は400歳を超えている可能性があり、人間を含む脊椎動物のなかでもっとも長寿かもしれない。

   ニシオンデンザメは深海に生息して成長が遅く、生態の調査方法が確立していない。研究チームは目に含まれるタンパク質を調べることで年齢や寿命を推定することに成功したという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中