2018年 8月 16日 (木)

錦織圭「3度目の正直」日本テニスに1世紀ぶりのメダル!「次はもっといいヤツ」

印刷

   リオ五輪のテニス男子シングルス3位決定戦で、錦織圭選手(26)がきょう15日(2016年8月)朝、ラファエル・ナダル選手(スペイン)を破って銅メダルを手にした。日本人テニス選手のメダルは、1920年のアントワープ大会での熊谷一弥選手(銀メダル)以来96年ぶりだ。

   第1セットはリズムのいい錦織があっさり先取したが、第2セットはナダルが粘り、第3セットはメダルをかけた死闘となった。

   錦織は「嬉しいですね。オリンピック3回目なので、メダルにかける思いもありましたし、気力を振り絞って、銅メダルをゲットできたので、すごく嬉しかったです。次(東京)またもうちょっといいやつ(メダル)がとれるよう頑張ります」と語った。

本当に歴史を塗り替えた

   司会の羽鳥慎一「錦織さんは次々に出てくるから当たり前のようですが、今回は96年ぶりをやったんですね」

tv_20160815143643.jpg

   村上武資・ロンドン五輪テニス監督は、「本当に歴史を塗り替えてくたなと感動しました。勝因は粘り強さ、絶対諦めない姿勢ですね」と話す。

   石原良純(タレント)「準決勝であの調子だったらと、つい思っちゃう」

   村上「テニスは時によって・・・。相手も変わりますからね」


石原「得意な相手ではないけど、乗ってましたね」

   村上「メダルを取れるか取れないか、彼のテニス人生でも大きな試合だったと思います。この4年で積み上げたものをすべてこの試合につぎ込んでいましたね」

   羽鳥「1勝9敗の相手ですよね」

   村上「いや、簡単には負けてません。去年勝ってますし」

期待ふくらむ全米オープン

   羽鳥「村上さんは錦織選手を小学生から見てるんですよね。どこが違ったんですか」

   村上「全然違いました。ボールを捉えるセンス。同じミスをしない。想像を上回るプレーをしました。力強さを除けば、今のプレーと違わないものを出していました」

   羽鳥「月末(2016年9月)から全米オープンですが、この結果は大きいでしょうかね」

   村上「大きいいと思いますね」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中