2018年 9月 26日 (水)

ボルト「五輪初の100メートル3連覇」歩幅2・41メートル×41・5歩で駆け抜け

印刷

   陸上男子100メートルでオリンピックで初めて3連覇を達成したジャマイカのウサイン・ボルトは、レース後に「最高の気分だ。完ぺきではなかったが、勝つしかなかった」と語った。大会前は「最後のオリンピックになる」と話していたが、2020東京五輪については「まだわからないね」と言っている。

松木安太郎やってみると・・・歩幅半分しかない!

   スタジオにはボルトの等身大のパネルが用意された。走る時の歩幅は2・41メートルもある。「すごいね、これ」と驚きの声をあげたゲストの松木安太郎(サッカー解説者)が挑戦したが、1歩がざっと半分ほどしかなさそうだ。この歩幅でボルトは100メートル決勝を41・5歩で走り抜けたことになる。

驚きです

   司会の夏目三久「どうして、こういうことが可能なのでしょうね」

   松木「運動能力が高いですから。あの跳躍力ですね。日本人にはまねできません」

   ボルトは200メートルと400メートルリレーでも金メダルが期待される。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中