橋下徹「稲田さんは終戦記念日の靖国参拝から逃げた。こんな人が防衛大臣で日本を守れるのか?」

印刷

   ジブチを訪問中の稲田朋美防衛相が終戦の日の靖国神社参拝を見送り、橋下徹前大阪市長は8月16日(2016年)、ツイッターで「稲田さんは終戦記念日の靖国参拝から逃げた。しかも無理やり海外視察日程を作って逃げた。情けない。こんな人が防衛大臣で日本を守れるのか?」と酷評した。「『責任ある立場に就いたら中国に配慮せざるを得ない』と堂々と言えばいいのに」と語っている。

「稲田さんは(1)南京百人斬り裁(2)慰安婦合法説(3)靖国参拝で威勢のイイことを言い続けて防衛大臣になった。責任ある立場に就いた途端(2)(3)は撃沈。このように無責任な立場で威勢のイイことを言う自称保守が日本をダメにした」

とも述べていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中