マイク上下逆さまのスペシャルゲスト佐良直美!自分の持ち歌なのに歌唱拒否?何のために出演したの・・・
<夏祭り にっぽんの歌 2016>(テレビ東京系)

印刷

   池上彰の報道番組あり、大食い選手権あり、いろんな企画がてんこ盛りのテレ東日曜夜のバラエティ枠「日曜ビッグバラエティ」のこの日は、「金曜7時のコンサート~名曲!にっぽんの歌~」の特別版といったところで、司会は宮本隆治&松丸友紀アナコンビだ。出演歌手もベテラン演歌勢が中心で、変わったところではテツandトモやKOISHIKI、増位山太志郎、内藤やす子などがいた。
   目玉は「没後25年 いずみたく名曲特集」。いずみたくの名曲をミュージカルカンパニー・イッツフォーリーズ、デューク・エイセス、今陽子、西口久美子が熱唱した。さらに、故坂本九の妻・柏木由紀子と、娘・舞坂ゆき子が「見上げてごらん夜の星を」を歌った。元宝塚の舞坂はともかく、柏木は正直、うまいわけではなく、主婦のカラオケレベルだ。この母娘ペアで坂本九の歌を歌い継ぐコンサートしていると言っていたが、大丈夫か、と気になった。
   スペシャルゲストとして登場した佐良直美は、たしかに登場はしたものの、いずみたくと坂本九、そして永六輔にまつわる思い出話を少々しただけで肝心の歌は歌わずじまい。コーナーの締めくくりとして、佐良の持ち歌「世界は二人のために」を全員で歌ったが、肝心の本人はまったく歌わず、隣の今陽子に促されてもマイクを上下さかさまに持って歌うことを拒否するありさまだ。元気そうなのはなによりだが、歌番組に出演しておきながら歌わないのは謎過ぎる。(放送2016年8月14日19時54分~)

(白蘭)

採点:1.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中