2018年 11月 21日 (水)

強くなった「卓球ニッポン」最大の功労者・福原愛!ネクラ競技を明るく楽しく

印刷

   リオ五輪の卓球女子団体で、福原愛選手、石川佳純選手、伊藤美誠選手の「卓球3人娘」が涙の銅メダルを獲得した。さらに、4年後の東京オリンピックに向けて、16歳の平野美宇選手、早田ひな選手ら「次世代の選手も次々と、着々と力をつけています」(藤森祥平アナ)という。

愛ちゃんのおかげ

   スポーツ評論家の玉木正之氏は「これは福原愛さんを見て育った世代なんですよ。だから、福原愛選手っていうのは、あらたしい卓球の時代を切り開いた人だと言えますよね」

   パトリック・ハーラン(タレント)「ボクも20年前から日本で卓球やってますけど、その間に卓球のイメージががらりと変わりましたね。根暗なスポーツから、明るくて楽しくて、日本が強いスポーツに変わった。それ全部、愛ちゃんのおかげだと思います」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中