内村航平「超高難度」より手こずる嫁姑の確執!絶叫応援の母親「ムスコを取られたみたい」

印刷

   体操男子の『絶対王者』といわれる内村航平選手(27)の嫁姑問題から。4年前に結婚した妻・千穂さん(27)を今回初めてメディアに公開した。2人の子どもがいるが、内村の母・周子さんとの不仲説が囁かれているそうだ。

   ひとつは周子さんが50歳を過ぎてもお下げ髪で日の丸の鉢巻きをして絶叫応援するのを、内村も妻も嫌悪感を抱いているからだと、週刊新潮でスポーツ紙記者が解説している。

   週刊文春では内村の祖母・彰子さんがこう嘆く。<「(内村一家が)お嫁さんの実家ばかりに行くから『ムスコを取られたみたい』って周子が嘆いていてね。周子だって、航平が東京の高校に行った頃からおかずを作って冷凍して送っていたんです。それを大学のときまで続けていました。必死で世話したんだから。

   七月のリオ五輪壮行会にも、周子は呼ばれなかった。ロンドンのときは呼ばれたのに。そんなことがあると、色々考えてしまいます」>

   イチローと父親チチローとの確執も有名だが、こうしたケースの場合、多くは子離れできない親のほうに問題ありだが、このケースはどうなのだろう。

金藤理絵「金メダル」支える東京の下町企業!水泳用具や介護用品メーカーの名物経営者

   卓球の福原愛(27)はいくつになっても「愛ちゃん」と呼びたくなるほど、小さな頃の面影が残っているように見えるが、もう立派なオトナの女性である。週刊新潮はその愛ちゃんに対して「重武装だけが注目を集めるようでは勝てない」と、実に失礼な書き方をしている。ここで重武装というのはティファニーで統一したコーディネートのことだ。スタイリスト氏がこう語る。

   <「ハート型のネックレスはダイヤが入っていて50万円強。イエローゴールドのピアスは7万円弱。更にブレスレットは18Kローズゴールドにダイヤをちりばめたもので、50万円弱になります」>

   それらの多くは交際中で結婚も噂されている台湾の卓球選手・江宏傑(27)からの贈り物ではないかといわれているそうだが、愛ちゃんにとっては大きなお世話だろう。

   日本競泳界史上最多の7種目に出場し、惜しくもメダルは逃したが、まだ16歳の池江璃花子。次の五輪が楽しみな逸材だ。週刊新潮によれば、この池江、生まれたときから「水の申し子」だったそうだ。彼女の祖母がこう話している。

   <「私の娘は、璃花子だけでなく、7つ上の姉、3つ上の兄も水中分娩で産みました。姉と兄は専門病院だったのですが璃花子の場合は助産婦さんに自宅まで来てもらって、お風呂場の浴槽で出産した。水中分娩は、母親にも生まれてくる子どもにも、負担の少ない出産方法です」>

   彼女は身長170センチに対してリーチは184センチもあるという。それは池江が小学生になる前に離婚した父親が身長190センチあったからだそうだ。これから水中分娩が流行りそうな気がする。

   水泳界の「澤穂希」といわれ、日本代表チームの主将を務めている金藤理絵は、200メートル平泳ぎで見事金メダルを取ったが、闘争心を前面に出すタイプではないという。週刊文春によると、コーチが厳しい練習を指示しても、自信がないのか「嫌です」と答え、衝突することも多かったという。

   この金藤を支えてきた下町企業があるそうだ。学校の水泳用品や介護用品を製造販売する東京・墨田区の「フットマーク」社がそれである。同社は知る人ぞ知る独創的な会社だそうだ。磯部成文会長は「介護」という言葉を発明し商標登録しているそうだ。

   金藤の着た水着は同社が販売契約を結んでいるイタリアのメーカー「Jaked」で、帽子は「フットマーク」社製品だそうである。美人スイマーが多い中、澤似の金藤に親近感が湧く。

「SMAP解散」40男たちが自分で結婚も独り立ちも決められない不自然!ジャニーズ事務所の損失200億円

   日本中が五輪ボケしているとき、眠りを覚ます大ニュースが流れた。「SMAP解散」である。翌朝の朝日新聞までが一面で扱っていたのにはビックリした。と、ここまで書いてきたが、実はこのニュースの何が「重大」なのか、私にはさっぱりわからない。40前後の中年男たちが解散しようが、独立しようが、勝手にしやがれである。昔なら「懐メロ」に出ていてもおかしくない年齢なのに、未だに独り立ちできていないというほうが問題だろう。

   このニュースを最初にすっぱ抜いたのは日刊サイゾーだったそうだ。8月13日夕方に「SMAP、ついに『解散』」と報じたのだが、他の大手メディアはなりを潜めたままだった。報道に火が付いたのは日付が変わった14日0時50分。ジャニーズ事務所がメディア向けにSMAPは解散しますというFAXを出してからだった。すると先ほどの朝日新聞を含め、スポーツ紙はもちろん、大本営発表の如く1面で大々的に報じたのである。

   合併号明けの週刊文春、週刊新潮も「SMAP解散『僕たちは15年前に壊れていた』」(週刊文春)、「『SMAP』解散の魑魅魍魎」(週刊新潮)と大騒ぎだ。両誌によれば、1月に起きた独立騒動は1月18日のナマ謝罪会見で終わったかに見えたが、木村拓哉と他の4人のメンバーとの確執は収まらなかったという。彼らを見出したジャニー喜多川社長(84)は、必死にメンバーを呼んで面談を行ったが、ジャニーズ事務所を追われたマネージャーの飯島三智氏を母親のように慕っていた香取慎吾などは、自殺を仄めかすほど落ち込み、他の3人も飯島氏と一緒に独立すると最初はいっていたのに裏切ったキムタクへの恨みを減じる力はなかったようである。

   週刊新潮によると、8月9日の夜遅くにSMAPのチーフマネージャーから事務所幹部に「香取がジャニーさんに会いたいといっているので、時間をつくってほしい」と電話が入った。

   翌日の午後4時、キムタクを除く4人がジャニー氏と面談し、香取と草薙が「もう5人でやるつもりはない。解散するべきだ」と切り出したという。キムタクはそのとき、家族とハワイにいた。解散を広報すべく事務所が動き出したと同時に、メリー喜多川副社長と藤島ジュリー景子副社長は「プライベートジェットでハワイに旅立った」(フジテレビ関係者)というから、キムタクの立場がわかろうというものである。

   SMAPのメンバーの不仲説は長い間あったように思うが、週刊文春によれば、15年前に既に壊れていたのだそうだ。そのきっかけはキムタクと工藤静香の「電撃結婚」だったという。<「当時、木村の結婚に誰よりも反対していたのが飯島さんだったのです。『ファンを裏切ってはいけない』『結婚は絶対に許さない』と、もの凄い剣幕で木村に詰め寄っていたそうです。

   それを知った静香は、メリー氏の許可を得ようと、頻繁に連絡を取り、何度も挨拶に訪れた。メリー氏もはじめは結婚に反対していたが、静香の熱意にほだされ、いつしか家族同然に付き合うようになったのです」(女性誌記者)>

   いくら人気絶頂だからといって、いい大人が結婚したいというのを無理矢理引き離そうとした飯島氏のほうが無理筋だと思うのだが、芸能界ではそれが通らないのか。

   解散後もキムタク同様4人も事務所に所属するらしいが、一人でも司会をこなせる中居正広はいいが、他の3人には茨の道のようだ。だが、週刊新潮は飯島氏が7月末、この業界のドンといわれる田辺エージェンシーの田邊昭知社長と会って話し込んでいたところを目撃したと報じている。事務所を離れて1年後の『喪』が明けるとき、飯島氏が何かを仕掛けるという見方も強くあるようだ。

   また、SMAP解散でジャニーズ事務所側も大変な損失を被るそうだ。デビュー25周年でビッグイベントが目白押しだったにも関わらず、ほとんど仕事らしい仕事はしなかった。これまでのツアーでは100万人ぐらいを動員していたから、チケットが1席9500円として95億円の売り上げが消えてしまった。グッズの売り上げは25億円以上。ツアー関連で120億円以上を失い、年間40億円といわれるファンクラブ収入もなくなる。テレビCMやテレビの出演料などを含めると年間200億円前後が消えるということになると、週刊新潮がご丁寧に計算している。

   ジャニーズ事務所グループ全体の売り上げは1000億円といわれるそうだから、その実に5分の1を失うことになるのだ。私にとっては痛くも痒くもないが、ジャニーズ事務所にとっては大きすぎる損失であろう。

   SMAP解散でさしもの栄華を極めたジャニーズ事務所もナベプロのように凋落していくと私は思う。ちょっぴりいい気味である。

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中