「ジャスティン・ビーバーの恋人」気取って自分を売り出し!今度はライオネル・リッチーの娘

印刷

   ジャスティン・ビーバーの隣にいつも寄り添う小柄な女の子に注目したファンもいたのではないか。ソフィア・リッチー(17歳)で、あの大物ミュージシャン、ライオネル・リッチーを父に持つセレブ一家の娘である。このところ、ソフィアとビーバーとのツーショットが何度もパパラッチされるようになり、ゴシップ系メディアがビーバーに新恋人出現かと騒いでいる。

ネットでは「くっついてれば顔だけは売れるからね」

   ネットでは「恋人には見えない」「付き合ってないよ。どう見てもただの友達でしょ」というコメントが目立つ。なかには、「最近、このパターン多いね。ビーバーにくっついていれば顔だけは売れるからね」という冷めた見方も出ている。

   たしかに、ビーバーとくっついて、いつの間にかお茶の間に顔が売れ、セレブの仲間入りを果たすパターンは多い。ビーバーのメディア露出度は高いため、一緒に行動するだけで注目が集まる。ソフィアもビーバーとくっついて顔を売り、ゆくゆくは父のDNAを受け継いで、ミュージシャンデビューなど目論んでいるかもしれない。

Noriko Fujimoto

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中