女子マラソン解説の野口みずきキッタねえ!ヨイショしたり批判したり・・・その場その場で言うこと違う
<リオ五輪2016>(TBS系)

印刷

   女子マラソンは日本時間21時半スタートなのに、2時間半も前から大騒ぎ。ゲストで生出演しているのが金メダリストの高橋尚子と野口みずき、解説が増田明美という布陣を見れば、この局が大金を出して人気のマラソンをゲットしたのがみえみえだ。だから、前振りが長くて聞いていてうんざりするほどのヨイショぶりであった。
   その結果がどうだ。最速の福士加代子が14位、田中智美が19位、伊藤舞に至っては46位の体たらく。長い前振りを聞いていると、あたかも誰かが優勝するかのような楽観主義で、誰それは「こんなに頑張っていた」だの「こんなエピソードがある」だのと、サッカーのサポーターも真っ青のような甘口。メディアは冷静に実力をアナウンスするべきなのに、これではまるで詐欺みたいなものである。
   しかも、野口みずきは局のゲストでたんまりギャラをもらったに違いないのに、別のスポーツ紙には、「頑張りが伝わらないぬるま湯環境」と、後日、日本陸連の合宿のやり方などを批判しているのだ。後からでは何でも言える。ゲストで出演した当日にはヨイショして、負けたら鬼の首でも取ったように批判する。キッタねえ。本人は北京オリンピックでドタキャンしたくせに、よくもシレーッとゲストで出られるものだ。TBSの見識のなさにも呆れる。衆愚である。
   オリンピックで連続入賞もなしの女子マラソン。いい加減で選手派遣は止めたらどうだ。金と時間の無駄遣いである。(放送2016年8月14日19時~)

(黄蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中