「強盗にあった」狂言だった!競泳リレー金メダル米国4人・・・トイレ壊してトラブル

印刷

   リオ五輪の競泳男子800メートルリレーで金メダルをとったアメリカチームのライアン・ロクテ選手ら4人は、市内で「強盗に財布を奪われた」と話していたが、どうやら狂言らしい。選手村に入る時のボディーチェックを映した防犯カメラ映像には、チームメート1人の手元に財布はあった。

   ブラジル警察の発表では、4人は被害にあっておらず、その前にガソリンスタンドのトイレを壊して逃走を図るのを警備員に見つかっていたという。

地元警察が証拠映像

   ロクテは金メダルの打ち上げパーティのあと、タクシーに乗ったところで強盗に襲われたと話していたが、イギリスのデイリーメール紙が「タクシー運転手が名乗り出ていない」と報じたのをきっかけに、ブラジル警察が捜査を始めていた。

ウソついてました

   ロクテはすでに帰国、2人が事情聴取され、他の1人は行方がまだわからない。

   ニュースデスクの笠井信輔「トイレ破壊の発覚を恐れてうそをでっちあげたのか」

   司会の小倉智昭「ロクでもないやつだったということかなあ」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中