「PC DEPOT」一人暮らし80歳に過大契約!パソコンサポート10台分、解約10万円

印刷

   わかりにくいパソコンの設定・メンテナンスを専門とする会社が、80代の男性に過大なサポート契約を結んで、解約にもとんでもない金額を請求していた。この会社は「PC DEPOT」といい、パソコンに不慣れな人たちの駆け込み寺として人気で、昨年11月(2015年)には東証一部に上場している。

   ところが、1通のツイッターの書き込みで業務の実態が明らかになった。「80すぎの独居老人である父が、PCデポに毎月1万5000円の高額サポート契約を結ばされてました。解約に行ったら契約解除料10万円を支払わされました。高決算の裏には悪徳セールがあるのですね」とあった。

   レシートの写真もあって、「ケイヤクカイジョリョウ」10万円、消費税込みで108000円なりとあった。契約内容はなんとパソコン10台分ものサポート契約で、月額の支払いが1万4245円だった。

   解約手続きをした息子によると、はじめ契約解除料20万円を請求されたという。「法外な金額に激怒したら、半分店が持つといってきました。払う必要がなかったかもしれない」とツイッターに書いた。

ひどすぎるとネット炎上「よくわからない老人をカモにしてる」

   これにたちまちネットが反応。「10台サポートって過剰すぎだし、『よくわからない老人』をカモにしたブラックビジネスですね。そもそも支払った解除料の明記、根拠があるのかも疑問」「老人騙してええ商売ですな。PCデポさんよ」「ふざけた会社だ。オレオレ詐欺とレベル変わらんわ」などなどと書かれた。「モーニングショー」が電話取材したところ、「PCデポ」は「個人の契約に関わることについては一切お答えできません」の一点張りだった。

tv_20160819151925.jpg

   契約を見ると、初期設定やトラブルに応ずる「プレミアサービス」では、パソコン1台分の「シングルプラン」月額2500円から、10台5500円の「ファミリーワイドプラン」まである。男性が契約させられたのはこの10台のもので、ほかに「iPadの無償提供」などのオプションが含まれていた。

「モーニングショー」の取材にも「個別の事案には答えられない」

   宇賀なつみキャスター「家族で正しく使えばお得なこともあるのでしょうか」

   野上慎平アナ「そうです」

   司会の羽鳥慎一「それを80代の一人暮らしの人に結ばせた」

   しかも、契約解除金が加入当月だと約16万円、12か月後で約13万5000円、36か月後でも約2万2000円だという。これを担当者は「正しい金額設定だと思っています」と説明しているという。

   鳥「親切じゃないなという感じはしますね」

   玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「ちゃんと説明したのかどうか」

   長嶋一茂(スポーツディレクター)「一部上場というと信用は高いんだから」

   羽鳥「80代のおじいさんが10台の契約をしようとしたら、それは要らないでしょうと言うのが当たり前ですよ」

   野上「なぜこんなことが起こったのかを聞いたのですが、個別の事案だからと答えないと・・・」

   玉川「こうして放送されるんだから、こういう対応は良くないと思うね」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中