池江璃花子「高校総体」さっそく新記録優勝!リオ帰国したその足で駆けつけ

印刷

   リオデジャネイロ五輪の競泳7種目に出場し、数々の日本記録を更新した池江璃花子選手が、「帰国したばかりなのに、早くもあらたなレースに挑みました」と宇垣美里アナが伝えた。

   帰国したその足で全国高校総体が行われている広島に駆けつけ、女子50メートル自由形決勝で大会新記録の25秒19で優勝した。池江は東京の淑徳巣鴨高校の1年生なのだ。池江は「忙しい夏、(忙しい)1年になるとは思うので、しっかり体調とか気をつけて、さらにタイムを伸ばせるように頑張りたいです」と話している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中