2019年 11月 23日 (土)

<変ラボ>(日本テレビ系)
NEWS加藤シゲアキ「ゲテモノ食いのプロ」的確過ぎる食レポ「熊肉ラーメンのチャーチュー普通にうまいよ」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   オトコの可愛さの賞味期限は難しい。未知の生物との遭遇や芸人顔負けの罰ゲームを、本気で嫌がって駄々をこねる姿が可愛いのはせいぜい25歳まで。ここに、「可愛い」で飯を食う成年男子、すなわちアイドルの葛藤がある。

   この番組は「NEWS」の4人が体当たりで視聴者の疑問を検証する。デビューが早かったためか、一人抜け、二人抜け、迷走している間にとうが立ったかわい子ちゃんアイドルの、なんちゃって体張り系バラエティかと思っていた私が悪かった。NEWS、いいじゃん!

一目で食材見抜き躊躇なく口へ

   一気に心を掴まれたのは最初の5分間だった。豚骨よりうまいラーメンは何骨かというゲテモノ食い企画だった。ゲテモノ食いのプロという触れ込みの加藤シゲアキは、逡巡やまずそうと尻込みする無駄な演出は一切しない。「熊か」「ワニか」「カラスか」と一目見るや食材を見抜き、躊躇なく口に運ぶ。あまりのタメのなさには、他メンバーもカメラさえもついていけない。

   そして淡々と繰り広げられる食レポが的確すぎる。美味いを連呼するような嘘くさいことはしない。表情を歪めることもなく、「豚骨よりあっさり」「食えなくないが血の味がする」「(熊肉チャーシューも」普通にうまいよ)などさらりとコメントする。圧倒的な納得感と小気味良さが押し寄せる。「食えねぇ、俺ムリ」みたいな押し問答って空々しいものなあ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中