2018年 9月 24日 (月)

「リオ五輪」勝っても負けても「出し切った・・・」選手たち!過去最多メダルも当然か

印刷

   リオ五輪で日本は金12、銀8、銅21、計41個と過去最多のメダル獲得となった。リオで取材する佐藤義朗アナは司会の加藤浩次から「最も心に残ったシーン」を問われ、「男子柔道はロンドン五輪では金メダルはゼロでしたが、今回は金メダルを含め目標の全階級でメダルを獲得し、井上康生監督が『これは東京オリンピックへの日本柔道復活へ向けての第一歩』と涙を流したのが印象に残りました」という。

   バトミントン女子で初の金メダルを獲得したタカマツの高橋礼華の表彰台の涙、レスリング女子で4連覇を阻まれた吉田保里が銀メダルで流した涙・・・とにかく涙が見せ場の大会でもあった。

涙の数だけ強くなれるよ・・・

   元プロテニスプレヤーの杉山愛は「みなさん『出し切った』というコメントがすごく多かった」のが印象に残ったという。「これだけ大きな舞台で、苦しいトレーニングを乗り越え、『出し切った』と言うのは簡単なことではないですよ。体操の内村航平さんが『もう何も出ないところまで出し切った』と話していたが、本当に素晴らしいと思いました」

   コメンテーターの橋本五郎(読売新聞特別編集委員)「これだけメダルを取れたのは、4年後に東京五輪があるからでしょうね。今後4年間が大変。組織委員などいろんなところが、メダル至上主義ではないですけど、それが目標ですから、それに向けた何ができるか今回のことで点検してほしいですね」

文   モンブラン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中