プール女性客お尻8人切り付け!営業続けた「東京サマーランド」場内放送もなかった

印刷

   東京あきる野市のレジャー施設「東京サマーランド」できのう21日(2016年8月)午後1時すぎ、波のプールで遊んでいた18歳から24歳の女性8人が水着の上から尻を切られた。「痛いと言い始めたので、気づいたら切られていた」(被害者の友人女性)という。カミソリのような刃物でやられたらしく、なかには10センチほどの傷もあった。

「将棋倒しなどパニックの恐れあった」

   当時の入園者は1万4000人で、プールは「水面が見えない」「身動きできない」ほどのぎゅう詰め状態。警察が駆けつけて客の手荷物検査などを行ったが、犯人は見つからなかった。

検証の必要

   司会の小倉智昭「波のプールは人気がありますからねえ」

   1時間に1回5分間、人工の波が起きる。1時過ぎに2人が切られて施設は警察に通報したが、プールの閉鎖はせず、2時ごろにさらに3人が切りつけられ、3時ごろに波を閉鎖した。場内放送もなく、午後2時半ごろの映像には混雑するプールの模様が写っていた。

   ニュースデスクの笠井信輔「施設が注意喚起をしなかったのは、将棋倒しなどのパニックを恐れたためだそうです。このへんは検証の必要があります」

   施設はきょうも営業するが、波のプールは閉鎖だそうだ。そりゃあ、台風だものな。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中